静岡県での古材や古民家の鑑定、耐震診断・補強についてお気軽にご相談下さい。
  • kominka shizuoka(古民家相談室)

当協会について

当協会は、長期に渡り、古民家のインスペクション(古民家鑑定床下インスペクション伝統耐震診断)を行うことにより、古民家の保存・再生等の活動を行っています。
古民家はインスペクションの診断データから、耐震性能や耐久性の不足部分を付加することにより、その後50年~100年以上と住み継いでいく事ができます。
古民家を正しく直し、現在の暮らしに合わせて活用することで、心豊かな暮らしを実現して頂きたいと考えています。
各地の『古民家を活用した町づくり』のお手伝いも当法人の大きな柱となっています。 >> 協会概要

古民家をお持ちの方へ

古民家をお持ちの方で、再生して活用か解体かお悩みの方は、ぜひご一報下さい。
ご先祖様の歴史が刻まれたお住まいに敬意を持って扱い、更に活かす方法をご一緒に考えることをお約束いたします。

全国古民家再生協会 古民家再生安心3カ条

1、技術ある大工さんネットワーク
古民家の再生には、技術ある大工さんが必要不可欠です。
当協会は国土交通省と連携し職人育成に力を入れており、手刻みができる大工さんネットワークを有しています。

2、リフォームかし保険の徹底
リフォームにかし保険の付保はスタンダードです。
当協会は、国土交通省リフォーム事業者団体として、全ての古民家再生工事にリフォームかし保険を付保しています。

3、茅葺古民家も適正価格で再生可能
これまで一般的に茅葺屋根の葺替はコストがかかり困難なものと捉えてこられました。
当協会は茅葺職人技能士を育成し、日本の伝統的な屋根である茅葺古民家を適正価格で再生が可能です。
 

最新活動報告

2020/09/02 静岡県古民家再生協会例会

更新日 2020年10月7日

例会を開催しました。

詳細は下記より議事録をご覧ください。

[ 議事録を読む ]

古民家新民家ネットワーク
PAGETOP